車を処分する方法を選ぼう

査定する時に関係すること

説明書を用意しておこう

どんな車でも、必ず説明書が付属しています。
常に車の中に入れておくと、運転中にトラブルが起こっても対応できます。
また売る時にも、説明書が重要な役割を担っています。
説明書がないと、価値が大幅に下がってしまうことを忘れないでください。
車の中にいつも入れていれば、売る時に慌てて探さなくて済みます。
どうしても車の中に置きたくない人は、わかりやすいところに保管しておきましょう。

説明書を読んだら同じところにすぐしまうことで、失くしません。
読み終わって放置していると、いつの間にか説明書を失くしてしまいます。
車を売ろうと思った時に、慌てて探すことがないようにしてください。
売る時は、他にもいろんな書類の準備で忙しくなります。

その他のオプションもセットで売る

最近の車は、カーナビがついていることが多いです。
買った時にカーナビが付属していることもあります。
しかし自分は必要ないと思って、外して運転していた人が見られます。
カーナビがあると、邪魔に感じる人がいるでしょう。
それは構いませんが、売る時はカーナビもセットにしてください。
運転する時に便利なオプションがあれば、高い価格で売ることができます。

スペアキーもあれば、一緒に売りましょう。
普段はスペアキーを使わないですし、小さいので非常に失くしやすいものです。
玄関の見えるところに保管しておくと、売る時にすぐ準備できます。
買った時の書類があれば、確認しましょう。
そこにどのようなオプションがついてきたのか、全て記載されています。